オーダーメイドにて新築祝いのプリザーブドアレンジメントを作りました。

 

リクエストは

・3年前ほどに作成したおまかせのお引越し祝いアレンジを気に入っていただき、同じような感じがいいなぁ〜

・でも置き場所的に前のものよりスリムにして〜

との事。

 

3年前に作成したアレンジメントはまったくのおまかせだったので、それを気に入っていただき今回のアレンジにつながったことがとっても嬉しい♪

 

ちょっといろいろとバタバタしていたのでお待たせしてしまいましたが、先日、無事お届け完了。

 

どうやら喜んでいただけたようでホッと一安心。

 

それにしても、いいなぁ。新築のお家。

宝くじ、当たらないかなぁ。そしたら私も新築マイホームを・・・。夢破れすぎて、宝くじ、ここ数年は買ってないけど(;_;)。

 

玄関の下駄箱の上に飾るということで、毎日出かける時も帰ってきた時も、お花が明るく優しい雰囲気を演出してくれることを願って心を込めて作らせていただきました。

 

新築祝いアレンジ 正面

新築祝いアレンジ 真上

新築祝いアレンジ アップ

 

 

しょこら☆ぷりH

先日、高校時代からの友達と恒例のお食事会をしてきました。

 

誕生日が近い人がいれば誕生日祝いも兼ねるので、今回は誕生日の主役さんリクエストにより「おいしいお寿司が食べたい!」を叶えることに。

 

ということで、友達がリサーチしてくれたお寿司屋さんの候補から名古屋市港区にある「寿司英」さんへ予約を入れました。

 

地下鉄「築地口」から徒歩2分。

大通りから1本中へ入った静かな住宅街にあるお店。外からは店内の様子は見えません。

まったく予備知識なければ入るのに勇気がいるかも。

 

扉をガラガラっと開けるとテーブル席がいくつかあって奥にカウンターがあり、大将とその息子さんがいらっしゃいました(ネット書き込み知識)。

カウンターには着物が着た女性ともう一方は洋装の女性の二人組。常連さんかな?

 

(あちゃ、やっぱり回転寿司のお気軽な雰囲気と違いすぎ。緊張する〜。)と思っておりましたが、カウンター席じゃなくてテーブル席へ案内されたのでホッとしました。

 

やっぱり寿司屋はちょいと緊張しますね(^_^.)

 

さすがにお任せはお財布が心配で食べれないので握り寿司の定番メニューをオーダー。

並・上・特上(メニュー名は別にありますが忘れちゃいました)とあったので3人とも上に決定。

友達と近況報告等楽しくおしゃべりしながらお寿司を待っていると

寿司英 握り寿司その1

お、美味しそう。たまらん。

左上段から トロ、ふぐ、かつお

左下段にいって いくら、さんま、赤貝

運んできてくれたお姉さんがちゃんと説明してくれました。

 

「ふぐだって〜」「さんまのお刺身だよ〜」「どれからいく〜?」

3人ともテンションアップ!

「ガリ、食べてみて。本物の味がするよ」  ガリにすら興奮する私たち。カウンターじゃなくてよかった(笑)。

 

どれも美味しくて食べるのが楽しい♪

 

幸せ気分ながら、私は思っておりました。

(美味しいけど、少ないな・・・。お高くないかい?)

(お寿司のシャリが小ぶりなのでとっても食べやすいけど・・・お高くないかい?)

 

あと3つ。あと2つ。あと1つ。とカウントダウンしながらだんだん食べる速度がゆ〜っくりに・・・。幸せ時間を少しでも長く・・・。

 

と、むなしい努力をしておりましたら


寿司英 握り寿司その2

はい、つぎのお皿がやってまいりました。

よかった〜。そうよね、さすがにあの1皿だけで終わりじゃないわよね。よかった〜(泣)。

メニューには詳細まったく書いてないのでどれだけでてくるのかわかんない。

 

これまた美味しそうなお寿司。

左から 鯛、車海老、アナゴ(揚げ物)の塩、アナゴ(蒸し)のたれ、鉄火巻&梅シソ巻。

 

私的に一番美味しかったのはアナゴ。

アナゴのお寿司はあまり好きではないのですが、これはとっても美味しかった〜。

2種類楽しめるのがいいですね。

あと、旬のさんまのお刺身のお寿司。なかなか食べる機会ないので。まったく生臭くなく美味しい。

ふぐのお寿司は初めて食べました。これまた食べる機会がないので。うすっぺらくない!(笑)

3人とも驚いたのが赤貝。

こんなに身があつくて歯ごたえしっかりだなんて「今まで食べてきた赤貝とは別物だ〜」と。

結局はどれもこれも美味しい♪

 

お寿司はお安い回転すしでも十分!と思っていたけど、たまには、ごくごくたまには職人さんの腕に感嘆しながら食べる極上のお寿司も食べたいな・・・がんばって働かねば・・・。

 

最後にデザートも。

寿司英 デザート

柿とパイナップル。上品な味がする。

「これはきっとスーパーで売っている柿じゃないよね。高い柿だよね。」とこれまたテンションアップ!

大将の目の前のカウンターではこんな会話できない。テーブル席、ばんざーい!

 

ちなみに、お茶を2回お代わりのお願いをしましたが毎回熱いお茶に湯呑ごと変えていただき、その湯呑が3人とも毎回異なる柄、形でした。

センスが素敵だ〜。

 

写真を撮り忘れちゃいましたが、この日はあさりのお味噌汁も付いておりました。

 

秋ならではの食材も満喫でき舌もお腹も満足。

いや、本当はまだもうちょっと食べれるかも。食欲の秋ですからねぇ。

また次回の楽しみにとっておこうっと。

駐車場も3台ほどだったかお店の前にあったので、今度は両親を誘って行ってみようかな。

ごちそうしてくれないかな?と期待しつつ(笑)。

 

お会計もバラバラで対応してくださり、最後は大将が自ら出口までやって来てお店のパンフレットを差し出しながらお見送りしてくださいました。

 

店員さんも感じよい方々でまた是非お邪魔したいと思いました。

 

お近くに行くことがあればぜひ食してみてくださいませ。

寿司英 パンフレット

 

次回のお食事会は私の誕生日月。

何をリクエストしようかな〜。楽しみ。じっくり考えよう♪

 

 

しょこら☆ぷりH

 

 

9月末日。

とある方々から生花の花束をいただく機会がありまして。

 

オレンジ・イエローのバラ、まん丸のイエローピンポンマム、やさしいオレンジのダリア、青いアゲラタム、赤茶色のベンケイソウ、濃いオレンジのカーネーション、色づいた実がかわいいヒペリカム。

早秋のこの時季にぴったりの色と種類の花で作った花束。

早秋にぴったりの花束

そしてもひとつ。

イエローのガーベラ、ベビーピンクと白のカーネーション、早秋花束と同じくヒペリカム、白い小花がいっぱいのかすみ草。

澄んだきれいな色目のとってもキュートな花束。

プリティ花束

 

花屋で働くようになってから常々思うことですが、「花」ってぜいたく品の部類だなと。特に生花は。

法人や飲食店のお客様の動向を見ていると明白です。

不景気になってくるとお祝い注文も金額を今までより落としてきたり受付の装花もやめてしまったり。

経費削減を考えると致し方ないですが。

 

開店祝いや周年祝い等じゃなく、常日頃から受付や各テーブル等にきれいな状態の生花を飾っている店に行くと、それがたとえ1リン挿しのささやかなお花であっても「お客様をもてなそうとする気持ちの表れ」と私には思えてくるのでそれだけで好印象をもっちゃいます。

 

空調や照明の関係で会社や飲食店は家で飾るよりお花のもちが悪かったりすることが多いので常にきれいな状態で飾り続けるというのは経費やお世話が大変だったりしますから。

次のお花交換時まで傷んだ花が飾ってある店を見かけるとそれが気になって気になって。食事の味よりも(笑)。

そんな状態を放置するなら、最初からお花を飾らない方がいいと私は思っておりますので。

 

私の思いはさて置き。

花の仕事をしていると、花のプレゼントをいただくことがとっても少ないので久しぶりにいただき嬉しかったです。

webショップ chocolapreを始めてからは生花を扱っていないのでなおさら生花に飢えてます。

 

生花には生花ならではの、プリにはプリならではの、アーティフィシャルフラワーにはアーティフィシャルフラワーならではの良さがありますので、飾る場所や贈る相手の方の生活スタイル、好みにあわせてその時々で選んでみてくださいね。

 

そして「プリやアーティフィシャルフラワーのお花を贈りたい!」と思った時には、是非とも当店をご利用くださいませ!(笑)

 

 

しょこら☆ぷりH

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツUL5