最近の私の小さな幸せ♪

 

それは福岡に住む友達から年末に届いた誕生日プレゼントを楽しむこと。

宅配便で届き、「何だろう?」と開けたら、なんと「明太子」。

誕生日プレゼントに明太子を頂いたのは人生初ですよ(*^o^*)

おもしろいプレゼントだ〜。

 

それ以来、ちびちびっと朝ご飯に食べてます。

1回につき、↑この大きさを2切れ食べて、そして幸せ気分に浸る。

幸せを噛みしめるために、毎日は食べません。

ちょっと日にちをあけて。

賞味期限があるので何本かは美味しい状態で食べて、残りは冷凍保存。

姉家族にもちょっとだけどお裾分け。

 

かば田の明太子はお初です。昆布締めタイプ。それもお初。

有名店のようですが、知りませんでした。

昆布のだしがとっても染みこんでいて、辛いけど、辛いだけじゃなく味わい深い。ご飯がすすむ!

 

明太子、たらこ、いくら、数の子・・・魚卵類、好きなんです。

そのことを友達は知らなかったのだけど、福岡から送ってくれた〜♪

小学校からの友達で、結婚して名古屋を離れ、千葉に住んでいたときは

久しぶりに会って旅行をした後に落花生の最中を送ってくれたこともあったり。

結婚前には旦那さんの実家の北海道を訪れ、スズランのステンドグラスの壁掛けをお土産にもらったり。

 

旦那さんの実家が遠方だったり、転勤があったり、話を聞いていると他にもいろいろ大変だな、と思うけれど、旦那さんとあちこちでいろいろ楽しい思い出をいっぱい作ってその土地その土地を楽しんで生活してくれているといいな・・・そう願っています。

 

また会える日を楽しみに、そして私は明太子を食べて小さな幸せを噛みしめる♪

 

食べ尽くしたら、通販で購入してみようかな。家庭用のお得な切り子があるらしい。

 

 

明日の朝食用に1腹、解凍しておこうかな。

 

今日は名古屋に初雪が降りました。そして積もっております。全国的に大荒れの天候でしたものね。

明日は久しぶりの高校の友達とのランチ。美味しい物を食べる。それが私の小さな幸せ♪

道が凍結していないことを祈る・・・(T^T)

 
しょこら☆ぷりH 
 

昨日は1月7日でした。

お正月行事の1つ、七草粥をいただく日ですね。

1月7日に七草粥を食べて無病息災と五穀豊穣を願う風習です。

 

皆さんは食べましたか?

 

我が家は毎年1月7日の朝食に七草粥を食べる習慣がありますが、食わず嫌いの私は、ちょっと食べてみたものの、青野菜の青臭い味が苦手なので毎年2〜3口のみで終了(>o<)

 

今年も2〜3口のみの予定でいたのですが、七草粥を作る担当の母がちょいと体調を崩し急遽病院にでかけることになったので朝食ではなく、昼食に作って食べることに。

 

が、病院が混み合っているのか、待てども帰るコールがこない・・・

う〜ん、興味が惹かれない食事は作る気もおきないのだが、やむを得ない、作ってみるか。

 

早速、ネットで簡単で美味しそうなレシピ探し・・・よし、味の素のHPに載っているレシピに決定!

 

春の七草。7種あるのは知っているけど、詳細はあまり知らず。

せり・なずな・おぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)

5種類までは判別できたけど、残り2種は仕分け不能。似てるような違うような?

(画像の右側のごちゃごちゃで2種)

 

味付けは塩とほんだし。

 

七草を塩ゆでして冷まして刻み、お水と冷やご飯と一緒に炊いて出来上がり!

 

だし巻き卵を同時進行で作ったのですが、お粥が吹きこぼれそうになりバタバタ慌てふためいている間に卵が焦げた(>o<)

 

ま、ちょいと固いけど、ちょいと焼き色が濃いけど、いいのだ!メインは七草粥なのだから!!!

 

肝心の七草粥はどうだったかと言うと。

たぶんいつもの母の作り方と違って、塩ゆでしているのと、ほんだしを使ったから七草の青臭さはほぼ気にならない。

大きめのお椀で完食しました。家族にも好評。

私の食わず嫌い、また1つ克服できた!

 

花屋の店頭で接客していたころは秋の七草の方は意識していたけど、春の七草もちゃんと覚えておこう。せっかくだから。

 

ちなみに秋の七草は・・・

ハギ・オバナ(ススキ)・クズ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウ ※諸説あり

 

こちらは食べるのではなく、観賞して楽しむ七草です。

秋の花屋でよく見かける花ですので、早秋頃、機会があればふらっとお近くの花屋へ立ち寄って秋を感じてみてくださいね。

きっと7種はなくとも3〜4種は並んでいるのではないかと。

そう言えば私の花屋勤務時代はクズの花だけ1度も実物を見る機会、触れる機会は無かったな〜。

残念 (T^T)

 

 

しょこら☆ぷりH

そろそろお正月気分も抜き去らないといけないな・・・と思って最後のおせち料理を食していたら、母から「紅白なますが無くなったからまた作って」と言われて「はぁ〜?」と思わず聞き返してしまいました。

 

今日は1月5日。

なのに追加でおせち料理ですか???

 

確かに紅白なますなら私も好きなのでもうちょっと食べないな〜と思わないでも無いがおせち料理作りはつかれるので1年に1回で勘弁して欲しい

(>o<)

 

小さい頃、ほとんど食わず嫌い所以の嫌いな食べ物がたくさんあったのですが、大学進学とともに一人暮らしを始めて、料理もほぼその頃から始めた私は「好きなものだけ食べていたらさすがに栄養面でやばいことになりそうだな」と、嫌いながらもなんとか食べられそうな物を料理本を見て作り、食べたら「あら、美味しい♪」とかなりの品数の食わず嫌いを克服。

 

でもおせち料理は大変そうだから自分で作る気にもなれず、嫌いなまま放置しておりましたが、3年前に母が「疲れたから今年はおせち料理は作らない!」と言いだし、そう言われると「私が作ろうか?」とおせち料理のレシピ本を購入して作ってみたら「あら、美味しい♪」

(^▽^)

 

とは言っても短時間で作れて作り置き可のおせちをテーマとしたレシピ本なので昔ながらの昆布巻きとか黒豆とかは作りません。

昆布も黒豆も私は好きではないですし(食わず嫌いではなく食した結果として好きでは無い)。

 

今回も大晦日の午後から作り始め、途中、夕食に年越しそばを作って、翌日の午前中にも数品作り、今回は計6品。

 

姪っ子ちゃんが「大好き」と言ってくれる筑前煮と錦卵。

家族みんなが好きな紅白なます。

作るのが楽ちんなえびのうま煮と鶏の松風焼き。

ちょっとだけ面倒な八幡巻き。

 

一番大変なのが錦卵。

これ、6人×2-3日分なのでゆで卵16個の殻をむき、白身と黄身にわけそれぞれを裏ごしして砂糖とまぜ、型に2色になるようにつめて蒸して作ります。

殻むきにイラッとし、裏ごしに腕が疲れ・・・でも姪っ子ちゃんが「美味しい!」って言うから(>o<)毎回がんばるのだよ。

 

そしてその次に大変なのが紅白なます。

同じく6人×2-3日分なので大根1本と人参1.5本をひたすら千切り。腕がつら〜い!

 

 

数の子、田作り、栗きんとん、黒豆(あっ、画像に写ってない)は母におまかせ。

そこまで作る気力はないので。

買ってきたお刺身、紅白蒲鉾を並べて2017年の我が家のおせちが完成!

 

元旦の夜に姉家族と一緒におせち料理をいただきました。うん、美味しい♪ 自画自賛

 

そしてデザートはチーズケーキ。

今回はいつもの赤いぶどうのケーキではないけれど。

私の誕生日なんです。元旦が。

姉がお祝いにケーキを買ってきてくれました。

昔は元旦に営業しているケーキ屋さんがほとんどなかったから誕生日は饅頭食べてたな・・・寂しかった思い出(>o<)

 

紅白なます、食べたいけど、まだまだおせち作りの疲れがとれないから来年まで待っててね、お母さん(^▽^)。

 

 

しょこら☆ぷりH

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツUL5