JUGEMテーマ:タイ料理全般♪

 

小さい頃から嫌いな食べ物が多く、幼稚園、小学校の給食の時間が大っ嫌いだった私ですが、いつしか自分で料理をするようになり「健康のために嫌いだけどちょっと食べようかな〜」「こんな味付けにしたら食べられるかな〜」とちょっとずつチャレンジして、また旅先でご厚意で出され残すのも忍びなく・・・と精神統一して出来るだけ味覚を無にして(もちろん思い込みですが)食べたりしているうちに食事に関しては外食しても食べられずに困ることは激減しました。

 

食わず嫌いなのも多かったのかな。

 

でも相変わらず出来れば回避したいのが「納豆」「山菜」「香草」「辛い物」「独特な香り」。

 

「今度ご飯行こうよ〜」「いいよ〜」「何食べる〜?」「何でもいいよ〜」

という会話を繰り広げてたまに「しまった!」となるのが「久しぶりに辛い物食べたくない?」という流れになった時。

 

なぜか私のまわりの女子は辛い物好きがわりと多いような。

「辛いの苦手」という意見はほぼないので二人以上の辛い物賛同者がいると、行くことに否定はしないがそれとなく別のジャンルの店を提案して話をそらすという回避作戦を頑張っております( ̄∇ ̄)

二人で食事となれば「苦手」とはっきり告げるのだけど三人以上で食べたい人が複数いて辛い物トークが盛り上がっていると言い出せなくなる私(T^T)

激辛、香草たっぷりでなければ食べられなくはないので、よけいに言い出せない(T^T)

 

今回は「最近食べていないジャンルは何だっけ?」という観点からのお店選びだったため、「辛いものじゃない?」となり「韓国料理」となったのですが、焼き肉ではなくその他の韓国料理がメインで予約ができ最寄り駅から歩いて行ける土曜もランチ営業している韓国料理屋ってあまりないものなんですね。びっくり。名古屋だけかもだけど。

 

一応、ここはどうかな?というお店を一店舗をブックマークしておき、韓国料理にこだわらず中華料理以外のアジア系でもネット検索して気になったのが名古屋の納屋橋にあるタイ料理「サイアム ガーデン(saim Garden)」。

 

口コミをいくつか読んでも私の苦手な「激辛」「パクチー」を話題にしている人はほぼおらず、ちょっとお高いけど味は良いと言うのが大方の意見のようで。

しかもタイの有名ホテルでシェフをしていたタイ人の料理長だそうで。

HPがうるさくなく、素っ気なくもなく、女性的で見ていて好印象で。

このお店が入っているビルは「旧加藤商会ビル」と言って地元名古屋では極たまにですが話題に上る国の登録無形文化財でして。

 

だんだん韓国料理よりこのお店に行ってみたいな〜と思えてきて、韓国料理店とこのお店の2つを提案したところ、やっぱり我が友たち。

みんなサイアム ガーデンが気になるようで、今回は韓国料理から変更してタイ料理を食することとなりました。

 

「旧加藤商会ビル」は昭和6年に建てられた大正から昭和初期の近代建築の特徴が残るビルなのでこのビルの詳細は知らなくてもこのビルの前を通ると「何だろ、このビル。何か雰囲気が違うけど。」と思う人がほとんどかと。

私もこのビルの価値は知っていたけど車で前を通り過ぎることがほとんどでじっくり見たこともなく、ましては内部がどうなっているのかも知らず。2005年からタイ料理店になっていることも今回初めて知りました。

 

 

信号待ちの間にパシャリ。

ちょっと遠すぎですね。雰囲気、伝わってませんね。柳が邪魔だし( ̄∇ ̄)

 

1階はレジ、調理場とお手洗いのみ。

2階、3階がテーブル席となっておりました。

この日は3階は使用していなかったようです。大人数用なのかな。

悪天候で窓の外は薄暗いですがそれでもいい感じ。

非日常的でよりランチタイムが特別な物に感じられます。

 

 

まずは乾杯!

 

 

私はタイのビール「シンハービール」。

友達は辛い物を食べるからと甘いアルコール系。

 

初めてシンハービールを飲みましたが苦みがなくクセもなく、ビールが苦手な人でもこれなら大丈夫じゃないか?ってぐらい飲みやすかった。

 

料理はジャスミンコース。

これは二ヶ月ごとで内容が変わるのかな?

私たちは行ったのは9月中旬。

 

前菜、トムヤムクン、メインのチキン、タイカレー、デザート、コーヒーまたはジャスミン茶。

 

 

サーモンとピリ辛のソースの組み合わせ あいますね。ちょっとびっくり。

前菜はすべて辛い味付け。

これはまずったかな?けっこうな辛さだぞ。

最後まで完食できるのか不安がよぎりました。

辛い物を食べたいと言っていた友達2名も「辛いね」と甘いアルコールをゴクゴク消費。

でも、辛いけど、ついつい食べたくなるおいしさ って言う典型料理。美味しいのですよ。

 

 

トムヤムクン。

辛さを覚悟して一口。

 

おや。

辛い・・・けどすぐ酸味・・・そして海鮮のコク。感想。さっぱり味。

辛さは一瞬で過ぎ去ります。香草もほんのりアクセント程度。

数回しか食べたことないけど今まで食べたトムヤムクンの中では一番美味しい。

きっと辛さと香草好きな方には物足りないのでしょうが。

 

メインの鶏肉は量少なめですがこのあとのタイカレーを考えるとこれでよいかも。

辛くなく、甘系でした。

 

 

そしてタイカレー。

グリーンカレーとソフトシェルクラブの卵ソースカレーの2種からチョイスできますが両方頼んでみんなでシェア。

 

 

グリーンカレー。辛くなく、でもしっかりグリーンカレーの味。マイルド系で食べやすい。

ソフトシェルクラブのカレー。殻ごと食べられる蟹。殻が全く気にならないくらい柔らかい。うん、美味しい。もちろん辛くない♪

 

まだまだ食べられるけど、この量食べたらあかんやつ・・・と腹七分目でやめときました。

 

最後はマンゴープリンとジャスミン茶。

 

 

コースデザートにありがちな薄っぺらい味じゃなく、ちゃんとしっかりマンゴーしてました。嬉しい。

 

お会計時にジャスミンコースを頼むと使えるタイフードプレゼントクーポンを提示したらチキンの缶詰をいただけました。

 

 

予想より豪華なタイフードでびっくり。クーポンの有無、検索してみるもんですね。

 

レトロな雰囲気の建物でゆったりと辛すぎない、香草ほどよいタイ料理店「サイアム ガーデン」、幸せランチタイム♪でした。

 

次回11月は野菜たっぷり炉端焼きのお店でランチ予約済み。

二度目のお店だけど、楽しみだ〜。

 

よし!それまでにいろいろがんばるぞ!!!

 

 

しょこら☆ぷりH

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

新商品のご案内です。
10月31日は何の日でしょう?
はい、その通り!
日本でもすっかり定着した「ハロウィン」ですね。
私は仮装やらパーティーやらハロウィンらしいイベントは一度もしたことがありませんが
カボチャやらハロウィンカラーを目にすると何だかワクワク・ウキウキしちゃいます。
そんな密かなワクワク派の方におすすめしたいのが「WAKU・WAKUハロウィン」アレンジ(税込1,620円)です。
ハロウィン定番のかぼちゃの形をしたアンティーク調のワイヤー籠の中にはさらにオレンジのミニかぼちゃ。
秋と言えば松ぼっくり。
ハロウィンカラーの葉っぱに小さなつぶつぶシキミア、きらりと光るワンポイントお洒落のジュエルピック。
ユーモラスなジャック・オ−・ランタンのペーパーピック。
ハロウィン感てんこ盛り♪
そんなイエロー・オレンジ系のど真ん中に、魅惑的な赤いプリザーブドローズを1リン。
1リンですがなかなかの存在感です。
是非ともハロウィンの雰囲気を楽しみつつ、赤いバラの魅力も楽しんでください。
日々の生活の中で花を身近に飾る楽しさが伝わったらいいな〜とワクワクして日々花のアレンジメントを制作しております。
ギフトとしても、ご自分用にも、ワクワク楽しんでもらいたい「WAKU・WAKU ハロウィン」アレンジ、いかがでしょうか?
サイズを含めた詳細はWEBショップchocolapre〜ショコラプリ〜想いを届ける 花の贈り物にてご確認くださいませ。
minne(ミンネ)でもお買い求めいただけます。
しょこら☆ぷりH

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

今日は2017年9月23日です。

「秋分の日」です。

「秋のお彼岸」の「お中日(おちゅうにち)」です。

 

「秋分の日」や「お彼岸」は馴染みがあっても「お中日」という言葉は馴染みがない人も今は多いのでは?

 

「彼岸の入り」「彼岸明け」も馴染みがないかしら?

 

私も花屋で仕事をするようになって「聞いたことはあるけどいつのこと?」と調べて知りました。

 

お彼岸の期間にご先祖のお墓参りをされる方が多いので花屋ではちょっと忙しい時期になります。

お彼岸に合わせてお墓参りに適した生花を忘れずに手配すべく、毎年春と秋のお彼岸スケジュールは要チェック事項でした(懐かしいな〜)。

 

春なら「春分の日」、秋なら「秋分の日」を真ん中にしてその前の三日間、その後の三日間、計七日間が「お彼岸」です。

 

「お彼岸」の初日は「彼岸の入り」。

「お彼岸」の真ん中の日は「お中日」。

「お彼岸」の最終日は「彼岸明け」。

 

お彼岸と言えばお墓参りですが「お彼岸団子」も忘れちゃならない。

と言っても我が家は「お彼岸団子」ではなく「おはぎ」をお供えしますが。

 

春のお彼岸はボタンの花の咲く頃なので「ぼた餅」を

秋のお彼岸は萩の花の咲く頃なので「おはぎ」をお供えするそうです。

 

「ぼた餅」と「おはぎ」の違いはご存じですか?

 

米の形状が残っているものがぼた餅で形状が残っていないものがおはぎ、粒あんがぼた餅でこしあんがおはぎ、大きいものがぼた餅で小さいものがおはぎ・・・説がいろいろ?地域によって異なる?のか、すみません、話を自分で振っておきながら、正解は存じません。

(^_^;

 

お彼岸団子はぼた餅、おはぎと一緒にお供えするそうですがこれも地域によって、みたいです。

 

ちなみに、我が家はいつも利用するスーパーの「お彼岸」コーナーで購入したおはぎ&きなこ餅を今年はお供えしました。

 

 

そして「お彼岸」と聞くと思い浮かぶのが「彼岸花」。

お彼岸の頃に咲く花であり、お墓のあるそばに咲いていることが多い花でもあります。

彼岸花の根には毒があり、動物を近づけさせないためにお墓のまわりに植えることもあるとか聞いたことがありますが・・・確かかどうか、ごめんなさい(^_^;

 

我が家の小さな庭にも彼岸花がほんの数本ですが毎年咲きます。

今年もきれいな赤というか朱色かな?咲いております。

 

倒れそうですが。花が重いようで。

 

じっくり観賞しようかと思いきや、秋に向けて最後のあがきか、蚊が1匹、まとわりついてきます。

1匹ぐらいなら・・・と無視して写真を数枚撮っていたら、蚊が10匹ぐらいに増えて襲いかかってきます。

もう無理〜(>o<)

 

「そうだ、近くの公園、彼岸花が毎年咲いてたな〜」

 

カメラを持って公園へGO!

 

 

あら、花が少ない。

去年はもっと咲いていたのだけど・・・とさらに奥へ進むと、だんだん彼岸花の花が増えてきました。

そうそう、これこれ。

 

道沿いに結構長い距離、彼岸花が咲いております。

昔はあまり好きになれなかったのだけど、昨年あたりから秋ならではのお花でだんだん興味がわいてきました。

 

 

 

でも秋の花で一番好きなのはやはりコスモスですね。

公園にはキバナコスモスが毎年咲いております。

管理している方が花壇に植えてくれているのでありがたい。

 

 

 

キバナコスモスの周りにも他の花が色とりどりに咲いています。きれいだな〜。

 

 

これは自生かしら?花壇とは別の場所に咲いていました。

 

 

お花だけでなく、この公園は春の桜、秋の紅葉も楽しめます。

まだまだ青々とした木々がたくさん。

 

こちらはちょっとだけ紅葉しているのかな?

 

 

これからの時季のおたのしみです。

 

 

 

しょこら☆ぷりH

 

 

 



ブログパーツUL5