そろそろお正月気分も抜き去らないといけないな・・・と思って最後のおせち料理を食していたら、母から「紅白なますが無くなったからまた作って」と言われて「はぁ〜?」と思わず聞き返してしまいました。

 

今日は1月5日。

なのに追加でおせち料理ですか???

 

確かに紅白なますなら私も好きなのでもうちょっと食べないな〜と思わないでも無いがおせち料理作りはつかれるので1年に1回で勘弁して欲しい

(>o<)

 

小さい頃、ほとんど食わず嫌い所以の嫌いな食べ物がたくさんあったのですが、大学進学とともに一人暮らしを始めて、料理もほぼその頃から始めた私は「好きなものだけ食べていたらさすがに栄養面でやばいことになりそうだな」と、嫌いながらもなんとか食べられそうな物を料理本を見て作り、食べたら「あら、美味しい♪」とかなりの品数の食わず嫌いを克服。

 

でもおせち料理は大変そうだから自分で作る気にもなれず、嫌いなまま放置しておりましたが、3年前に母が「疲れたから今年はおせち料理は作らない!」と言いだし、そう言われると「私が作ろうか?」とおせち料理のレシピ本を購入して作ってみたら「あら、美味しい♪」

(^▽^)

 

とは言っても短時間で作れて作り置き可のおせちをテーマとしたレシピ本なので昔ながらの昆布巻きとか黒豆とかは作りません。

昆布も黒豆も私は好きではないですし(食わず嫌いではなく食した結果として好きでは無い)。

 

今回も大晦日の午後から作り始め、途中、夕食に年越しそばを作って、翌日の午前中にも数品作り、今回は計6品。

 

姪っ子ちゃんが「大好き」と言ってくれる筑前煮と錦卵。

家族みんなが好きな紅白なます。

作るのが楽ちんなえびのうま煮と鶏の松風焼き。

ちょっとだけ面倒な八幡巻き。

 

一番大変なのが錦卵。

これ、6人×2-3日分なのでゆで卵16個の殻をむき、白身と黄身にわけそれぞれを裏ごしして砂糖とまぜ、型に2色になるようにつめて蒸して作ります。

殻むきにイラッとし、裏ごしに腕が疲れ・・・でも姪っ子ちゃんが「美味しい!」って言うから(>o<)毎回がんばるのだよ。

 

そしてその次に大変なのが紅白なます。

同じく6人×2-3日分なので大根1本と人参1.5本をひたすら千切り。腕がつら〜い!

 

 

数の子、田作り、栗きんとん、黒豆(あっ、画像に写ってない)は母におまかせ。

そこまで作る気力はないので。

買ってきたお刺身、紅白蒲鉾を並べて2017年の我が家のおせちが完成!

 

元旦の夜に姉家族と一緒におせち料理をいただきました。うん、美味しい♪ 自画自賛

 

そしてデザートはチーズケーキ。

今回はいつもの赤いぶどうのケーキではないけれど。

私の誕生日なんです。元旦が。

姉がお祝いにケーキを買ってきてくれました。

昔は元旦に営業しているケーキ屋さんがほとんどなかったから誕生日は饅頭食べてたな・・・寂しかった思い出(>o<)

 

紅白なます、食べたいけど、まだまだおせち作りの疲れがとれないから来年まで待っててね、お母さん(^▽^)。

 

 

しょこら☆ぷりH

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツUL5