9月末日。

とある方々から生花の花束をいただく機会がありまして。

 

オレンジ・イエローのバラ、まん丸のイエローピンポンマム、やさしいオレンジのダリア、青いアゲラタム、赤茶色のベンケイソウ、濃いオレンジのカーネーション、色づいた実がかわいいヒペリカム。

早秋のこの時季にぴったりの色と種類の花で作った花束。

早秋にぴったりの花束

そしてもひとつ。

イエローのガーベラ、ベビーピンクと白のカーネーション、早秋花束と同じくヒペリカム、白い小花がいっぱいのかすみ草。

澄んだきれいな色目のとってもキュートな花束。

プリティ花束

 

花屋で働くようになってから常々思うことですが、「花」ってぜいたく品の部類だなと。特に生花は。

法人や飲食店のお客様の動向を見ていると明白です。

不景気になってくるとお祝い注文も金額を今までより落としてきたり受付の装花もやめてしまったり。

経費削減を考えると致し方ないですが。

 

開店祝いや周年祝い等じゃなく、常日頃から受付や各テーブル等にきれいな状態の生花を飾っている店に行くと、それがたとえ1リン挿しのささやかなお花であっても「お客様をもてなそうとする気持ちの表れ」と私には思えてくるのでそれだけで好印象をもっちゃいます。

 

空調や照明の関係で会社や飲食店は家で飾るよりお花のもちが悪かったりすることが多いので常にきれいな状態で飾り続けるというのは経費やお世話が大変だったりしますから。

次のお花交換時まで傷んだ花が飾ってある店を見かけるとそれが気になって気になって。食事の味よりも(笑)。

そんな状態を放置するなら、最初からお花を飾らない方がいいと私は思っておりますので。

 

私の思いはさて置き。

花の仕事をしていると、花のプレゼントをいただくことがとっても少ないので久しぶりにいただき嬉しかったです。

webショップ chocolapreを始めてからは生花を扱っていないのでなおさら生花に飢えてます。

 

生花には生花ならではの、プリにはプリならではの、アーティフィシャルフラワーにはアーティフィシャルフラワーならではの良さがありますので、飾る場所や贈る相手の方の生活スタイル、好みにあわせてその時々で選んでみてくださいね。

 

そして「プリやアーティフィシャルフラワーのお花を贈りたい!」と思った時には、是非とも当店をご利用くださいませ!(笑)

 

 

しょこら☆ぷりH

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツUL5