JUGEMテーマ:花のある暮らし
今日の名古屋はじわじわと暑い!
梅雨入りしても、それほど雨が降らないから梅雨入りしたことを忘れちゃいそうです。
去年も結局そんなに雨は降らなかったような・・・。

天気からは梅雨入り済を忘れちゃいますが、このお花が咲くと「季節が移り変わっていくなぁ〜。梅雨だなぁ〜。」と思います。
それは「アジサイ」

我が家のアジサイもただ今絶賛、咲き誇り中!
と言っても土質も日当たりもあまりよろしくない我が家の小さな庭ではなかなか育ちにくいので1株に1〜2本の花がつく程度。
毎年花終わりに下から1〜2節のところをしっかり剪定すればきっともっとたくさん咲くはずなんですが・・・手入れを怠ってますからね。切ったり切らなかったり。

剪定を怠ったアジサイは今年はまだ咲かず。今年は咲かないかな。
アジサイ 咲かないね
なんのアジサイだったかしら?記憶にない(泣)。未だ葉のみのアジサイが3〜4株ほど。

今年はガクアジサイが2種、咲いております。
ガクアジサイ(青)
ガクアジサイ(赤紫)
私の好みとしては上の青いガクアジサイのように花びらが立体的な八重咲きタイプが好き。

ついつい「花びら」と言っちゃいますが、正しくは「咢(がく)」が変化した「装飾花」であって花に非ず。

「咢(がく)」とは一般的な花の一番外側にある、花びらを支えている緑の葉のような部分。
アジサイの花の部分は真ん中に密集している小さな小さなコロンとした両性花(雌しべと雄しべをあわせ持つ花)。
「花びら」に見える「咢(がく)」が額縁の装飾のように見えることから「ガクアジサイ」と呼ばれます。
「咢(がく)」じゃなくて「額(がく)」の方。ちょいと紛らわしいけど。

この花じゃないけど花のような「装飾花」をたくさん見たい!愛でたい!と品種改良されたのが丸いタイプのアジサイ。
アジサイ
このアジサイは毎年必ず咲いてくれる手間のかからない我が家の優等生(たくましくならざるを得なかったのかな?)。

もっと隙間なくぎっしりと八重咲きの装飾花がつく「てまりてまり」という手毬のようにまん丸の品種が我が家にもいらっしゃるはずなのですが・・・咲かないアジサイのどれかかな(泣)。とってもかわいくておすすめなんですけどね(泣)。

ちなみに、人気の高いアジサイですが、花言葉はマイナスイメージで「花言葉ってなんですか?」とお客様に聞かれると「うっ!」と言葉に詰まる困りもの。ご存知ですか?黄色のバラも「うっ!」です。
ご存じない方は是非、調べてみてくださいな(苦笑)。

アジサイの花の部分がよくわかる画像、ありましたのでご覧くださいませ。
ガクアジサイ 両性花
小さなコロコロ、ちゃんと花開いてるでしょ?
お花なんですよ。この子達。
これは3年前に撮影した京都のあじさい寺と呼ばれる三室戸寺のアジサイ。
雨上がりでアジサイがきれいでした。たくさんのアジサイが観賞できます。
今年は無理だけど、またアジサイを見に行きたいな。
京都 三室戸寺 アジサイ
この時は蓮の花もちょうど咲いていて花屋務め時代の同僚と満喫した時間を過ごしました。
懐かしい〜。
そのうち、(3年前のですが)アジサイ&ハス、(2年前のですが)ツツジ&シャクナゲの素敵な三室戸寺をこのブログにてご案内しちゃいますね♪
是非是非、三室戸寺へ足を運んでみてください。
アジサイ、今年も続々開花しているそうですよ〜。

三室戸寺公式HP http://www.mimurotoji.com/

京都の花寺 三室戸寺の花だより http://www.hanadera.com/


しょこら☆ぷりH

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログパーツUL5