クリスマスも終わり、新年を迎えるまであと数日となりましたね。

 

あ〜、今年もやり残したことがいっぱいだ〜(T^T)

来年こそ、本当に来年こそ、がんばるぞ!!!いろいろと( ̄∇ ̄)

 

と、年末らしきことをつぶやきながらも、本日のブログの内容は季節をさかのぼって11月です。

すみません<(_ _)>

相変わらずののろのろ更新ブログです。(来年こそ、本当に来年こそ、がんばるぞ!!!)

 

クリスマスギフトをいただくことがめっきり無くなってしまったかわいそうな私は、今年、自分で自分にクリスマスギフトを贈りました。

ま、買いたい物、食べたい物、行きたいところがあるけど、我慢すべきかどうしようか悩んだ時の言い訳にしただけですが。

「頑張っている自分へのクリスマスギフトだから許されるのだ。楽しんじゃえ♪」って事で。

実際は頑張れて無いことが多いのですが・・・(来年こそ、本当に来年こそ、がんばるぞ!!!)

 

しかもクリスマスより1ヶ月以上も前の11月にその言い訳を使いました。(^▽^)

 

今年の私から私へのクリスマスギフトは「大阪&京都 一泊二日いろいろ満喫の一人旅」。

 

いろいろ満喫し過ぎですごく疲れたけど大満足の旅話を聞いてやってくださいませ。

 

◆1日目 大阪

名古屋から7時ぐらい発だったかな?予算が乏しいので新幹線ではなく高速バスで大阪 梅田へ。

予定より20分ぐらい早く到着。いつも京都への高速バスは遅れて着くのでびっくり。京都は高速降りてからが渋滞なのかしら?

 

まず、1つ目のやりたかったこと。

結婚後、旦那さんの転勤で埼玉、千葉、福岡、そして今年の春に大阪へ引っ越した友達と大阪でランチ♪

小学校からずっと友達。会う機会がなかなか作れず、しばらく会えてない時期が会っても、会えばすぐ気楽に話せる安心感。

お互い不慣れな大阪駅でなんとか待ち合わせでき、私が大阪に住んでいたときにはなかった商業施設グランフロント大阪でランチ。

お互いの近況報告やらあの時のあの話やら今後の話やら。

話は尽きず、ランチタイムで店が混んできた為、お次の商業施設ルクアでスイーツタイム。

 

 

パスタを食べて「おなかいっぱい」と言いながら、スラッピーケークスにて「スラッピーアップルパイ」をオーダー。

あれやこれやお話していたら全部完食しちゃってました。

アップルどっさりででザ・アメリカンホームメイドケーキな味だけど、美味しかったです。友達はギブアップしてたけど。

もっともっとおしゃべりを楽しみたかったけど、2つ目のやりたいことの時間が迫ってきたのでここで友達とバイバイ。

 

2つ目のやりたかったこと。

それは以前にブログにも書いた名古屋城での平成中村座で魅了された歌舞伎鑑賞。もちろんお目当ては中村兄弟です♪

森ノ宮ピロティホールでの「中村勘九郎・中村七之助 特別公演2017」(14時半開場)へ急いで移動。

 

 

中村勘九郎の踊りが特に好きで、しかも見てみたかった「棒しばり」をやるだなんて、見ないでいられるか〜名古屋公演がないなら大阪へ〜って事で1日限定の大阪公演のチケットが入手できたことにより今回の「大阪&京都 一泊二日いろいろ満喫の一人旅」を計画した大本命の目的ですから、もう楽しみましたよ〜。

七之助の美しさには女性として脱帽ものでしたし。

お隣の岐阜県の芝居小屋3カ所でも公演がありましたが、大阪へ行く方が交通手段的に楽だったので。

でもいつか芝居小屋でも鑑賞したいな。

 

そして3つ目のやりたかったこと。

 

 

串揚げを食べながら生ビール!をお一人様で堪能してみました♪

「だるま」のししゃもの串揚げが特に好きでして。17時半なら空いてるかな〜とルクアのだるまへ行ったらすでに待ちの列が。

大きな鞄を持った旅行客らしき人や大学生かな?出張の会社員かな?って方々が多かったです。

20分ぐらい並んでカウンター席へ。5本ぐらいでさらっと食べて飲んで終わる予定が厳選した結果、5本に絞りきれず追加して8本になりました。

串揚げも生ビールも美味しかったです、満足♪

 

 

ぷらぷら歩きながら宿泊先ホテルへ。大阪駅から8分くらい。

じゃらんの口コミを参考にしながら選んだリーゾナブルだけど接客が心地よさそうなビジネスホテル。

寝るだけだし、一人だし、一泊だし。ハズレなホテルでもしょうがない!という心持ちでおりましたが口コミ通りの接客の心地よさ。

部屋も清掃が行き届いており、フロント横にありセルフで取っていくのですがインスタントコーヒーや緑茶も無料でいただけたのでそれがまた嬉しかった。

 

ところが、大誤算が1つ。

飲食店が軒を連ねる商店街の一角にホテルがあるため、深夜1時頃から朝までずーーーーっと、外で大声でしゃべり続ける酔っ払いさんがおりまして。

熟睡できず。寝た気がしない。そんな酔っ払いさんに遭遇するなんて運がないな(T^T)。

 

お値段的にもまた使いたいビジネスホテルだけど・・・今度利用するときは耳栓持参するかな(目覚ましで起きられるかしら?)。

 

◆2日目 京都

朝5時半に寝ることを諦め、おにぎりとヨーグルトを食べてチェックアウト。

大阪駅からJR線で京都駅へ。

一度改札を出て、帰りの高速バス乗り場に近いコインロッカーへ荷物を放り込み再びJRで嵯峨嵐山駅へ7時半頃到着。

 

4つ目のやりたかったこと。

京都で紅葉を楽しむ!

まずは嵯峨野周辺をぶらり。

 

 

日当たりの良い住宅のあちこちの庭からきれいな紅葉が。自宅できれいな紅葉を楽しめるってすごいですね。

 

こんな早い時間ならゆっくり写真が撮れるかと期待して有名な竹林へ行ったのですが、アジア圏の方の新婚さんでしょうね、専門業者の方による写真撮影があっちでもこっちでも。

撮影用に人力車も待機しており人でごったがえしておりました。

私が甘かった・・・できるだけ人を避け、静かなる風情を演出してがんばってがんばって撮影してみました。

いかがでしょう?

 

 

周りに人がうじゃうじゃいるとは思えないでしょ?(^▽^)

 

早々に竹林はあきらめて、お次は周辺の寺院の中では一番早く開門する天龍寺 諸堂&庭園 へ8時半着。

 

 

 

今年は鮮やかさがちょっと物足りないような気がしますが・・・でも十分紅葉を楽しめました。

9時になるとどかどかと人が流れ込み、人が映り込まないように撮影するのはもはや不可能な状態に。

平日なのに、やっぱり京都の紅葉時期はすごいですね。わかってはいたけど。

 

5つ目のやりたかったこと。

私の大好きな天龍寺法堂の雲龍図を堪能。

八方にらみの天龍寺と鳴き龍の相国寺、龍に会いたくてうずうずしちゃう時があります。

 

天龍寺を後にして渡月橋→亀山公園展望台→常寂光時方面へ移動。

 

こちらの紅葉はちょっと色づきが足りず。

ベストな時期を見極めるのは難しいですね。

亀山公園展望台、なかなかの良い運動量です。初めて行ったのですが、日本人より外国の方がたくさんいらっしゃってた。

 

そして常寂光寺へ。

 

 

10時頃到着。

もうこの時間からはどこもかしこも人だらけ。

でも常寂光寺の紅葉見頃ピークにぴったりはまったのではないかしら。

黄色、オレンジ、赤。とってもにぎやかな色彩で楽しめました。

 

 

 

 

 

お次は二尊院。

 

 

帰り道、何か集団が前方からやってくるな〜と何気に見ていたら「にじいろジーン」撮影中のガレッジセールのお二人とゲストのラブリさんでした。

 

ものすごい至近距離ですれ違いました。一瞬でしたけど。

ここで。↓ ↓  ↓

 

 

そろそろおなかが空いたし歩き疲れたので嵐電に乗って千本今出川の漬け物屋さん「近為(きんため)」へ移動。

ここの近くに以前住んでいたことあり、その当時この漬け物屋さんが有名店だとは存じ上げず、名古屋へ帰省する時は時々購入しておりました。

懐かしくて、京都にきてこの近くを通る時はわざわざバスを降りてお漬け物を買っちゃいます。

お土のお漬け物を購入してようやくお昼タイム。

 

6つ目のやりたいこと。

以前にもブログで書いた岡崎 京都市動物園近くのうどん屋さん「岡北」で今回はあんかけうどんを食す!

前回は念願の天とじうどんを食べたのですが、美味しくて美味しくて、他のうどんにも興味津々。

きっとあんかけうどんも美味しいに違いない!と次の機会があれば・・・と思い続けていたあんかけうどんの「海老天けいらんうどん」を1時間並んでいただきました。

 

 

朝5時半におにぎり1個とヨーグルトを食べて、お昼にありつけたのが2時半。

それはそれは美味しかった。おなかぺこぺこ、足はへとへとだったから、たぶん余計に美味しかったのではないかと思うけど。

でも、そうだな、次に行くときがあればやっぱり一番人気の「天とじうどん」を食べたいかな。

うどんにしては贅沢うどんですけど、やっぱり美味しいのだ〜(^▽^)。

 

時刻は15時10分。

帰りバスは17時半発だから時のまだもう一カ所ぐらいお寺を拝観したいけど、これまでのバスの混み具合からすると行きはよいけど帰りは満員でバスがバス停を通過していく可能性が大だから・・・と諦めて早々に京都駅へ戻ることに。

 

7つ目のやりたいこと。

気になっていたお土産を買う!

 

京都に住んでいたときも、その後も来ると必ず買ってしまうパン屋さん「志津屋」で今、新しい京都土産として人気のあるあんぱんが気になっていて・・・ようやくゲット!

実は大阪でも食べてみたかった高級ポッキー「パドンドール」を家族へのお土産として購入済みでしたが、京都でも漬け物に加え、あんパンも買ってしまった。

お土産だらけ。

関西は美味しい物がいっぱいあるから困りますね(^_^; いい迷惑だ〜(^▽^)

 

どちらもとっても美味しかったです。また次回も間違いなく購入することでしょう。

困ったもんだ〜(^▽^)

 

お土産を買って、まだバスの時間まであと40分もある・・・やることない、お金もこれ以上使えない・・・

やむを得ず京都駅を散策。

そうしたら、大きなツリーがライトアップ。 階段もライトアップ。

 

 

京都駅のクリスマスイルミネーション、素敵でした。

バスの時間までずっと楽しんでました。

名古屋駅もこんな素敵なこと、やっておくれよ〜。

 

まだまだクリスマスソングも次々と変わるイルミネーションも続いておりましたがバス乗り場へ移動して京都に別れを告げました。

また、来ちゃうぞ!待っててね!

 

 

あ〜 やりたいこといっぱいできた楽しい旅でした〜。

すっごくハードで疲れたけど。

車中、爆睡。

 

 

しょこら☆ぷりH

 

 

 

 

うずうず、うずうず、「どこかへ旅にでかけた〜い!」という欲求不満がついに爆発しまして、先日長野へ出かけました。

 

長野と言えば松本泊、安曇野経由で帰宅するのが私の定番ですが、時間にゆとりがある時は上高地経由、松本泊、安曇野経由で帰宅となります。

 

で、今回は紅葉の季節だしがんばろうかな〜と、目指すは上高地!

 

上高地へ着いたら食べたい物があるので、朝食は家から持ってきたおにぎり1個のみ。

おなか空いたけど、我慢、我慢(T^T)。

 

日頃はスーパーや家族の病院送迎など近くをぐるぐる回るだけのかわいそうな私の愛車もたっぷり走れて喜んでるかな。

(いつもディーラーさんに車をもっと走らせないと壊れますよ!と言われちゃうのですが遠出する用がないからどうしようもない)

 

名古屋市の南の端っこの我が家を朝5時に出発。

高速は北陸自動動、高山経由で渋滞もなくシャトルバスへ乗り換えるための沢渡駐車場へ8時半着。

いくつか駐車場はあるのですが確実にシャトルバスへ乗るために始発のバス停がある沢渡駐車場を目指しましたが実は紅葉シーズンの為、駐車場が空いているのかドキドキ。

駐車場呼び込みのおじちゃんが「どうぞどうぞ」と手振りで呼ぶので「やった!」と安心したら誘導してくれていたおじちゃんが「あれ?空いてないな。きっとどこか空いてると思うから探してみて」と途中で放置されちゃいました。オイオイ、大丈夫か?

 

で、ぐるっと駐車場内をまわりやっと見つけた1台の空きスペース。あぶない、あぶない。

朝5時出発ではハイシーズンでは遅いのか。

 

シャトルバスのバス停にはすでに15人ほどの列。お得な往復乗車券一人2050円を購入して待つこと5分。

すばらしいタイミングだ♪30分に1本出ていて、状況によっては臨時便も出しているようですがすぐ乗車できて嬉しい。

 

そして上高地のバスターミナルへ着いたのが9時10分。

 

即、まずは第一のお目当て、河童橋のたもとにある五千尺ホテルのカフェ、「5HORN(ファイブホルン)」へ。

ここで目の前の河童橋と梓川を眺めながらティータイム。なんて幸せなひととき。

ここのケーキがまた美味しくて。マロンケーキ、アップルパイ、季節の果実を使ったケーキに惹かれるけどまだ一度も食べたことがない人気商品「レアチーズケーキ」とコーヒーをオーダーしました。

 

 

レアチーズがあっさりとしていて大きいケーキだけどぺろりと完食。ブルーベリーソースが美味しい♪

コーヒーも大きめカップですからたっぷり楽しめます。

 

空腹も満たされたことだし、河童橋からの景色を楽しみますか。

 

 

大混雑(T^T)

 

この日は11/9。紅葉シーズン、しかも祝日。

こんなに混雑した上高地は初めての体験で・・・10時前だと言うのに。そりゃ、駐車場も混んでるわけだ。

 

この日は快晴。前日までは気温がとっても低かったのですが気温も高く薄着で大丈夫でした。

河童橋ではゆっくり写真も撮れませんが、なんとか数枚撮影。

 

ケーキ、河童橋からの景色、その次のお目当てである五千尺ホテルのお隣、「上高地のおみやげ屋さん」で五千尺ホテルのオリジナルブルーベリージャムを購入してさらに次のお目当てへ。

ブルーベリージャム、ゴロゴロブルーベリーがたっぷり入っていて、甘すぎることもなく、私好み。

持ち歩くには重いけど、でも毎回買いたくなる定番お土産です。普段、ジャムはめったに食べないのですが。

 

梓川沿いをぶらぶら歩きながらバスターミナルへ。そこからさらに林道の遊歩道を10分ほど歩くと木々の間から赤い屋根の建物が見えてきます。

 

 

今回の上高地の一番のお目当て。

上高地帝国ホテルでのランチ。

 

いつか宿泊してみたいけど・・・宝くじ、当たらないかな?・・・買ってないから当たるわけないわね(T^T)・・・ランチで我慢、我慢。

 

山歩きのカジュアルな服装でも臆することなく入店できる「カジュアルレストラン アルペンローゼ」。

11時OPENですが間違いなく混むだろうからと10時40分に到着。ホテルの外から直接店内へ入れる入り口前にはすでに10人ほどの方がお待ちでした。

10時50分、10分早いですがお店がOPEN。扉から入ると、すぐ向かい側のホテル内の入り口からも人が流れてきて11時にはすでに満席。

 

10年以上前に友達と日帰りで上高地へ来た時に食べたランチ以来の上高地帝国ホテル。

その時はビーフシチューを食べてそれはそれで美味しかったのですが、ここの一番の人気ランチ「信州産地卵のオムライスとハッシュドビーフ」、そして「帝国ホテル伝統のビーフカレー」を食べてなかったのがずっと心残りで。

今回はもちろん心残りを解消するのが目的の来店。

 

 

どちらもやっぱり美味しかった。

オムライスはビーフたっぷりで、そりゃお高いですわよね〜って思いますが、ま、材料がどれも上質で、上高地だし、帝国ホテルだしオムライスにしては値段にびっくりしますが、食べて見たかったので満足です、ハイ。

 

ビーフカレーもお値段的にこれまたびっくりですが、普段食べ慣れているカレーとは月とすっぽんでした。

何だろ、伝統技なんでしょうね。今まで食べたことない上品なカレーでした。

柔らかく味の染みこんだビーフがあっさりしていて、何が入っているルーの中ののかつぶつぶとした小さな食感がこれまた楽しくて不思議なカレー。

 

私的にはオムライスよりビーフカレーの方が好みでした。

その前に食べた5HORNでのケーキが当然ながら消化されておらず、最後の方はおなかが苦しくて苦しくて。

でもなんとか上高地で食べたかった物を網羅できたので大満足♪

 

食後の運動がてらバスターミナルへの戻り道はちょっと遠回りして梓川沿いの景色を楽しみました。

 

 

 

 

爽やかに黄色く紅葉した上高地。天気もよくてきもちいいひととき。

 

そして私の好きな植物の1つ、ナナカマド。かわいいピンクのマユミも見ていて飽きない。好きだ〜。

 

 

20分ほどゆっくり歩いてバスターミナルへ戻ってきました。

わぉ、どの方面のバスも長蛇の列。

 

12時半に並び初めて13時10分頃にやってきた3台目のシャトルバスに乗車。

まだまだ長蛇の列は続いておりました。すごい、さすがハイシーズン(゜д゜)

 

沢渡駐車場でマイカーに乗り換え、松本城近くまでずっとのろのろ運転で予定より30分遅れて扉温泉 明神館へ到着。

朝早かったからさすがに疲れまして、温泉にゆっくり入って美味しい夕食をいただいて寝心地の良いベッドで早々に就寝しました。

 

そして翌朝。

温泉に入ってスッキリ後、昨晩と同じ食事処へ。

昨晩は写真を撮れそうな雰囲気でなかったので取りませんでしたが、天井から白樺の木をモチーフにしたライトがお洒落なテーブル席でしたが、置くにはソファー席もあり、今朝はそちらでいただくことに。

 

ちょいと室内は暗すぎですが、その分、外の景色が映え、まだだいぶ紅葉には早いけど木々を楽しみながらゆったりソファーで豪華な朝食タイム。

 

 

こちらの宿に泊まるときは夕食は創作フレンチ、朝食は洋食にしていましたが今回は朝夕ともに和食にしました。

洋食の朝食時だされるレモンミルクが和食でも出してもらえてよかった。

これ、とっても美味しいのでここに泊まるときの楽しみのひとつなんです。

 

もう一つの楽しみ、創作フレンチレストランで提供されるライ麦パンとヨーグルトパンをお土産に買って帰ること。

いつもは売店においてあるのですが今回は見当たらず、店員さんに伺ったら今は販売していないとのこと。

でも数に余裕があれば、フロント経由で問い合わせてくれてチェックアウト前に受け取れることに。

欲しいもの、着々とゲットし続けております(*^▽^*)

 

チェックアウトを済ませ、パンが届くまでの間、入り口近くのソファーで待機。

そこでセルフのハーブティがあったのでいただいたのですが、どこのハーブティかな?と案内をみたら、「マイティーリーフ 」でした。

 

 

あら、こんなところで出会うとは。
お気に入りの店や宿にお気に入りのものがあると嬉しいですね♪
(マイティーリーフを知ったきっかけはこちらのブログを参照くださいませ)
10時半過ぎに無事パンを受け取り、お見送りを受けながらすれ違いができない場所が何カ所かある細い山道をドキドキしながら下り、お次は安曇野へ。
と、その前に、これまた定番の寄り道を。
宿を出て15分後くらいのところにある山辺ワイナリーへ。
運転するので試飲はできませんが鼻をクンクンさせ、きっと美味しいに違いない!との根拠のない感に頼りワインを購入後、同じ敷地内にあるファーマーズガーデンやまべでブドウ、リンゴ、柿、洋なし,白菜、カブ、信州味噌を購入。買いたい物がいっぱい♪
自宅近くのスーパーでは見かけない品種もあり、どれも食べて見たくなり、悩みに悩んでいつも購入するのですが地元の方が続々と買いに来るお店なのでお値段もスーパーよりとっても安く、味も美味しいのは美味しい(たまにイマイチにあたるけど決してまずくはないから後悔しない)。
そして見かけない品種を食べて美味しい場合、今度行ったときもまた購入しようと思うのだけど、すっかり名前を忘れてしまうという・・・(T^T)
今回は忘れないように画像で残しました。ブドウだけだけど。
特にシナノスマイルが美味でした。また買いたい。
そしてようやく安曇野へ。
ここでも寄る場所が定番化。
北アルプス牧場(売店のみで牧草地帯の牧場はありません。近くに牛乳を作ってる場所はあります。)でさっぱりした美味しいソフトクリームを購入。
牛乳はお土産としてお持ち帰り。
そこから車で2分ほどの安曇野アートヒルズミュージアムでいろいろなガラス商品を見て、お昼に蕎麦を食べて高速道路で帰路に着く。
いつもこのパターン。
お蕎麦屋さんは毎回ネットで調べて違う店に行くことが多いかな。
今回はアートヒルズから車で1分ほどの近さの「そば処 あさかわ」さんへ。
ネットの口コミでは平日でも行列必至とのこと。
13時過ぎだったので、ひょっとしたら空いてるかも?と期待して駐車場を探すとちょうど1台分、空いてました。
車を止めて、店の入り口へ行く途中、店から出てきた店主らしき方とすれ違いましたが特に何もなくお店へ。
すると入り口には「本日は閉店しました」の案内札が〜(T^T)
順番待ち方が何人かいましたが・・・そばが無くなり次第閉店とあったから一足遅かったのかしら。まだ13時なのに。
とぼとぼ、車に引き返すと先ほどの店主らしき方が戻ってきたので「遅かったですか?名古屋からきたのに残念です。」と伝えたら「いいよ。待たせるけどなんとかなるから中で待ってて。」と。
言ってみるもんですね〜。
その後も3組ほど、「ダメですか〜」と駆け込みで来店。
メニューが絞られるみたいですが、対応してくださってました。
この日はどうやら蕎麦じゃなくて、天ぷらの材料等が品切れだったようでした。
とろろがざるそばに直接のっている斬新な見た目の「雪見ざるそば」、わさびの花芽の茎をつけ汁に入れて食べる「わさびの花芽 茎ざるそば」。どちらもしっかりした歯ごたえのそばでつけ汁も美味しく、何よりそば湯がとろとろで絶品でした。
上高地、松本、安曇野と美味しい物をたくさん食べまくり、お土産どっさり購入して、癒やされる景色と空気感を満喫し、久しぶりの旅は終了となりました。
旅の副作用として、体重が1キロ増量。
お土産も帰ってきてから食べ続けているのでさらに増量の危機。
めげるものか!
美味しい物を食べないでいられるか!!
ちょっとずつ、痩せるんだい!!!(どうやって痩せようかしら?)
しょこら☆ぷりH

私の今年の唯一の思い出(>o<) 西尾の抹茶&ラグナシア 抹茶スイーツ編の次はラグナシア編です。

 

抹茶スイーツをいただいた西尾市の「あいや本店」から下道を通って約1時間ほど。

 

ラグナシア割引入園券が使える17時までまだ40分ほどあったので、ラグーナテンボス内のラグーナフェスティバルマーケットへ。

ふらふら、せんべいの試食をしながらいくつかのショップをのぞき、やることがなくなってしまった頃、そろそろラグナシアへ車ごと移動しよう言うことになり道を挟んだラグナシアの駐車場へ。

 

入り口近くは駐車場の空きは見つからず、でもそれ程遠くない場所は結構空いていたので車を止めて入り口へ向かうと17時の入場を待つ列が出来ておりました。

よーく見ると、みなさん、大きな浮き輪を抱えてます。

これはナイトプール目当ての方々ですね。アトラクションは空いているかも。

 

私たちはプールには入らないので17時からの入園券とアトラクションパスポート付のチケットを購入。

ここでもJAF会員特典があり一人3,000円の5%OFFで2,850円。

窓口には特典案内はなく、事前に調べておいてよかった〜♪

 

まずは1つ、アトラクションに乗ろうとVRアドベンチャーなるものへ。

フワッと浮遊感のある絶叫系が嫌いな姉を「大丈夫だよ〜 楽勝だよ〜」と乗ったこともないのに姪っ子と私でなだめて30分待ちと案内がある列へ。でも10分も待たなかったような。

コースターに乗りながらバーチャル世界を楽しむそうです。

係員の装置装着説明を聞くうちに、乗りたいと言っていた姪っ子ちゃんが「これ、ダメなやつかも」とつぶやきだした。

絶叫系大好きっ子なのに、モンスター系が大の苦手。どうやらバーチャル世界で何が出てくるか不安になってきたらしい。

以前に乗ったUSJのハリポタのアトラクションも180分待ちも何のその、ノリノリだったのに実際に乗ってみたら途中で巨大蜘蛛や悪霊もどきがでてきてずっと目を閉じていたからな・・・。

 

今度は姪っ子を「大丈夫だよ〜 楽勝だよ〜」と私一人でなだめて遂に乗車。

 

結論。

回転はないけど右へ左へ向きがめまぐるしく変わり浮遊感、ありましたね〜。

一瞬だけどモンスター、出てきましたね〜。

姉も姪っ子もダメ系な乗り物でしたね〜。

 

映画をテーマとしたUSJと違ってアトラクションごとの世界観の設定がよくわからないので乗ってみないとなんともわからない。

 

すぐには次に乗りたくない、と気分転換にフラワーラグーンエリアへ。

こちらはのんびり花を愛でるエリア。

 

道の下にも花たちが。

 

左右を花が彩る道を通り抜けると広々とした空間にでます。

ぐるっと歩いてお花観賞。

 

 

きれいだけど1つ残念だったのが海辺のイメージの水の底が藻なのかな?緑色になっていて汚れ感が気になってしまって。

それがなければとってもきれいな景色なんだけどな〜。

 

さぁ、お次のアトラクションはどうしますか?

 

3人とも嫌がらない乗り物が見つからない。

結局、アクア ウィンドというよくある小回り型の急降下、急旋回の4人乗りのコースターに姪っ子と二人で乗りました。

こちらは10分待ちぐらいかな。

係員さんが一人ですべての対応をしていて大変そうでした。もう一人いたらもっとスムーズにまわせるでしょうけど。

 

そろそろ夕食をとらないと夜のイベントに間に合わなくなるのでパスタとピザの店へ。

これがまたなかなかのお値段。

パスタ一皿1700円前後。「きっと大盛りじゃない?」とメニューをくまなく見ても何も明記無し。

運ばれてきたパスタ、通常のお一人サイズ。

ちょっと高すぎーーー(>o<)

飲食物持ち込み禁止なんだからもう少しお安く設定してほしい。

定員さん、ぼそぼそと声が小さく何も聞き取れなく、でも聞き取れなくても問題ないことをつぶやいていたのか支障はなかったけど。

 

気を取り直して、ウォーターイルミネーションへ。

音楽に合わせて夜ならではの噴水ショー。

どこから見れば良いのか詳しい案内がないので困りましたが「こっちかな?」という方角に人の影が。

階段状の場所で皆さん場所取り中。きっとここで間違いない。時間までちょっと待って始まりました。

 

 

ショーの間はアトラクションやナイトプール、ライトアップも音や光を消してくれるようです。

もうちょっと近くで見えると迫力があってよいのだが、きっとこの階段が一番全体を見ることが出来る正面ポジションかと思われる。

 

ウォータ−イルミネーションが終わると次のイベントの為にすぐに場所移動。

 

途中でライトアップされたレインボーアーチを通ります。きれいでなかなか良いですよ。

 

 

レインボーアーチを過ぎ、右方向に行くとフラワーラグーン。

お目当てのイベントは左方向へ。

 

こちらのエリアには「変なホテル」とその手前に大木がドンっと。

「光の草原」なる日中見ると「何だこれ?」と思う場所があります。

 

 

これが日没後にはこうなります。

 

別のイベント開催に合わせて邪魔をしないように光を暗くしたり変化するのです。

 

 

この光の草原、変なホテルの道沿いで行われるのがカーアクションマッピング「アメイズ」。

壁面を動く実際の車に映像を投影・・・って説明があるけど「壁面を動く車?どういうこと?」と謎のイベント。

 

時間になって始まると、向かいの壁面の下方から何かがモゾモゾと動いて上がってくる・・・あら、車だ。

 

壁にはしご状のレールが取り付けられていてその上を車が動いています。重力に逆らって。

さすがに可動範囲は狭いですが映し出される映像と合わさると不思議な世界。

 

 

最後にはでっかく「TOYOTA」の文字が。

そうでしょうね。愛知ですしね。TOYOTA様々の県ですから。

 

もう一度ゆっくり「光の草原」を見ようかと思ったら係の方が「まもなくレインボーアーチを一時閉鎖しまーす。お急ぎくださーい。」と誘導しており、花火を見に来た私たちにとってメインイベントを見逃すわけにはいかず、レインボーアーチを通って花火見学できる場所へ移動。

花火イベントのためにレインボーアーチのライトアップを一時的に消すためらしいです。

 

ナイトプールは大盛況で人がいっぱいなのですがイベントを見るために移動している人はそれほど多くはなくこれと言った大きな人の流れがないからどこへたどり着いたらよいのかわらず右往左往。

 

有料観覧席はありますが無料で見たい!

あっちの建物、こっちの建物の上の階に人影があるのであそこへ行けば花火が見れるのでしょうがどこから上に行けるのかがまたわからない。

 

ウォーターイルミネーションを見た階段からでも見られるのかな?と、とりあえずそちらに向かうと暗がりで誘導しているお兄さんを発見。

 

花火を無料で見れる場所を聞いたら「おすすめはあちらの階段。場所的には正面ではないので一部見えない演出もありますが今なら座って見られますよ」と。

建物の上からでも見れるのかを聞いたら「座れないけどあちらの方がショーも見れますよ。人がいっぱいだったらすぐに階段へ戻ってくればまだ座れますからまずは上へ行ってみたら?」と詳しく行き方も教えてくれました。

親切なお兄さんだ〜。でもパンフにわかりやすく最初から書いといてくれ〜。

 

で、上にいく建物の階段までたどり着くと、そこからは誘導の係員が何人もいて。う〜ん、階段にたどり着くまでがわからないのだが。

 

上にいくと最前列は埋まっていましたがなんとか見られそうな場所は確保。

 

夜空を彩る壮大で幻想的な花火ショー(パンフ説明文そのまま)「ミスティノーチェ」の始まり〜♪

 

音楽とダンサーと花火と3Dマッピングと噴水ショーのてんこ盛り。

 

 

 

 

残念ながらダンサーさん達は一部しか見えませんでしたけど、花火や卵型の3Dマッピングはよく見えました。

花火はいいですね〜。ほんと、なんともいえない色と華やかさと儚さ。

私の夏よ、さようなら〜。

 

花火の余韻に浸るまもなく、最後のイベントの為にまたもや移動。

今度は場所をしっかり把握しているので右往左往することもなく。ただ、時間間隔が短すぎて移動が大変。

 

360°3Dラッピング「ラルース」。

 

入場ゲート入ってすぐの小さなゼフィロス広場。360°壁面です。

 

この壁に360°駆け回るユニコーンやらバラの館のような映像が映し出されます。

 

 

 

 

 

 

きれいです。

360°だからどこを見ていいか定まりませんが( ̄∇ ̄)

 

非現実世界を楽しめます。

 

これでこの日のナイトイベントはすべて終了。

 

駐車場もすぐには混雑するだろうし、閉園まであと30分あるからアトラクションに乗って混雑が収まるのをまとうと思ったら、あら、アトラクション、みんな照明が消えてないか?

プールと売店ぐらいしかやってない?

あれ〜、パスポート買ったのに、3つ乗れば元が取れるのに、2つしか乗れていない!姉は1つしかのっていないゾ!

 

アトラクションの終了時間のお知らせ、どこにも書いてなかったような気がする。

 

あ〜、なんだかな〜、最後にちょっとテンションが下がってしまいましたが姪っ子ちゃんは「満喫した♪」言ってくれたので良しとしよう!

 

帰路は高速道路を使用。途中、渋滞情報もあり遅くなるのを覚悟していたけどさっきのが渋滞だったのかな?という程度のつまり具合ですみ1時間半ほどで姉宅へ送り届け完了。

 

運転手&絶叫系苦手な姉の代わりに姪っ子へ付き添う役目を無事やりとげ私も帰宅。

 

ぎりぎり駆け込みセーフの夏の思い出が出来ましたというお話でした。

 

おしまい (*^▽^*)

 

 

しょこら☆ぷりH

 

 



ブログパーツUL5